留学経験者が選ぶ!アメリカにはこれを持ってっとけ4選!!

スポンサーリンク
留学
スポンサーリンク
こばお
こばお

はじめまして、こばおです。これからゆる~く更新していきます。

実は私、アメリカに1年間留学しておりました

2020年東京オリンピックを控え、観光客やコンビニの店員さん等、近年街中で外国人の方を見かけることも多くなりましたね。

約20年前ではまず考えられなかった光景です。

ごくフツーのど田舎で生活していた私にとって、外国人の方とお会いする機会などほぼ無く、ごくたまーに見かけると

こばお
こばお

おっ、外国人だ、、、!!

と子供ながらにテンションを上げていたものです。

今お話した通り、海外からの観光客・留学生が年々増加していることは明らかですが、一方、日本人の海外留学生も増えていることをご存知でしたか?

「まあなんとなくそうだろうね」

「グローバル化が進んでるからそりゃそうだろ」

と思った方、、、、

その通りです。。。

一応根拠も貼っときます。

そこで!!

長期留学を控えた方、もしくは海外への長期滞在を控えた方のために、20歳時1年間アメリカでの交換留学に言っていた筆者の経験談を元に、海外(特にアメリカ)での長期滞在の際に準備しておくと良いものを4点ピックアップしました!

この記事の内容はこんな感じです。

  • 1年間の留学経験者が留学で持って行ってよかったもの(持っていけばよかったもの)をご紹介
  • 海外での長期留学を控えている人におすすめ!
スポンサーリンク

長期保存ができる日本食

「日本食が恋しくなる」というのは海外長期滞在においてよく聞く話かと思います。

留学前の私は

こばお
こばお

ピザとかハンバーガー毎日食べれるなら幸せやん?素敵やん?

とか思っていましたが、留学2日目で「あかん、米食いたい」「味噌汁飲みたい」「醤油舐めたい」と禁断症状が出てしまいました。

皆さんが思っている以上に普段私たちが口にしている日本食は中毒性が高いです。

私の場合、禁断症状が出てしまった後で、親に高いお金を払って送ってもらいましたが、それはもったいないので持っていける分は持っていくことをおすすめします!

・パックのお米

・即席のお味噌汁

・さばのみそ煮等の缶詰

etc…

たくさんありますが、個人的に特にありがたかったのは「フリーズドライ」!!!!

味噌汁はもちろんのこと、かに雑炊やリゾット等バリエーションも多く、かさばらず軽いので持っていきやすい点でもオススメです。

私の留学先がそうだっただけかもしれませんが、共用の家電は電子レンジしかなかったので、レンジでお湯が作れる耐熱性のカップも重宝しました、、、!!

※日本のカップラーメンはアメリカのスーパーでも案外手に入ります。

こばお
こばお

日本食は美味い

リセッシュなどの除菌・消臭スプレー

アメリカへの留学の場合、多くの留学生は寮で生活することになるかと思います。

寮の場合、洗濯機と乾燥機での洗濯がほとんどで、「外で干す」という機会も少なくなります。そこで重宝したものが「リセッシュ」のような除菌・消臭スプレーです!

肌着やタオル等は洗濯機・乾燥機で問題なく洗濯できますが、それができない「ベッドのシーツ」「掛け布団」「大きめの上着」等洗濯機で洗濯できないようなものを洗いたい時に非常に役に立ちました!!

余談ですが、アメリカでも「ファブリーズ」が買えます。しかし、匂いが強いものが多く、個人的には無臭にしてくれるリセッシュが好きでした。

こばお
こばお

海外の消臭スプレーは若干匂いきつめです

ユニクロのウルトラライトダウン

これはあえて、ピンポイントでおすすめしたいです。

この商品には感謝しかありません。

ウルトラライトダウンよ、、、そして生みの親のユニクロさん、、、

心からありがとうございました、、、、!!!!!

留学先によって必要、不必要あるかと思いますが、私の留学先はニューヨークの近くで、冬には積雪が凄まじく、豪雪のおかげで授業も何度か中止になるほどでした。

そんな過酷な状況の中でも、ウルトラライトダウンを一番上に羽織るだけで、暖かく過ごせました

また、付属の袋に入れるとすごく小さくまとまるので、かばんの中でもかさばりにくく、飛行機内やバスなど、手荷物の中に入れておくだけで、肌寒いときに、ブランケット代わりとしても使えました。

これは余談ですが、ウルトラライトダウンも数多くの種類がありますが、特に「フード付き」をおすすめします。

理由として、見た目ではなく、フードを被ると思っている3倍暖かくなります

また、日本ではあまり見かけませんが、アメリカではフードを被っている人をたくさん見かけました。

こばお
こばお

日本に帰国した今でもウルトラライトダウンを愛用しています

SIMフリーのスマートフォン

これは絶対必要という訳ではありませんが、あるととても便利で安心です。

現在、日本のauやSoftbank等のキャリアでスマートフォンを購入した場合、auならau、SoftbankならSoftbankのSIMしか使用できないようになっています

そのため、日本で買ったスマートフォンをそのまま海外に持って行っても現地のSIMが使えないことがほとんどかと思います。

もちろんアメリカは日本よりWifiが普及しており、寮や施設の中ではサクサクネットが繋がっていました。

しかし、外に出たり、観光地に旅行に行く際には、マップアプリで道を調べたり、バスの時間を調べたり暇つぶしもできるので、現地のキャリア会社と契約すると非常に便利です。

私の場合は、アメリカで知り合った友人が偶然Appleでアルバイトをしていたため、従業員割引で安くSIMフリーのiPhoneを入手できました。(安くといっても、iPhoneはiPhoneなので家計を圧迫しました。)

SIMフリーのスマートフォンを持っていると留学中だけではなく、別の国へ旅行に行った際も便利です。

旅行先の空港やコンビニでで、プリペイドのSIMを買うだけでその国でネットが使えるようになるのでおすすめです。

こばお
こばお

海外旅行でSIMフリーのスマホは重宝しました

番外編:ドライヤーはNG?

ご存知の方は多いかと思いますが、日本とアメリカでは電圧が違います。そのため、日本の家電はアメリカでは使えないことが多いです。

日本から持っていく家電としてドライヤーを持っていこうと考えている方も多いかと思いますが、日本のドライヤーはアメリカで使えない可能性が高いです。

変圧器を使えば、日本のドライヤーでも使えるかと思いますが、変圧器自体、高価で重く、ドライヤー以外使い道が少ないためオススメはできません。

なにより、私も日本からドライヤーを留学先まで持っていき、事件を起こした苦い経験があります。

もともと使用する度に焦げ臭くなっていることを薄々感じていたものの、変圧器を通して使用していたこともあり、気にせず使用していました。

しかし、ある朝いつも通り、ドライヤーを使っているととうとうドライヤーから真っ黒の煙が大量噴射

慌ててスイッチOFFにすると、それからスイッチを入れても何も起きず、その後も、そのドライヤーは二度と風を出すことはありませんでした、、、

そんな、個人的に苦い思い出もあり、経済的にも、環境的にも現地でドライヤーを購入することをおすすめします。

こばお
こばお

現地では2000円~5000円で購入可能です

まとめ

以上4点はあくまで私の留学経験より、「あって助かったなあ」と感じたものであり、「これさえあれば大丈夫」というものではありません

他の留学経験者の方のお話等でよくよく準備していただき、万全の状態で留学生活・長期滞在を楽しんでいただければと思います。

私個人的な感想としては、「失敗」も留学生活の良い思い出の一つになると思っています。

「もしこうなったらどうしよう、、、」

「何か買い忘れていそうだ、、、」

等と心配する必要は全くありません!!

この記事を読んでいただいた方が、より良い海外生活をおくれることを祈っております。

こばお
こばお

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

こさじ
こさじ

次回の記事は私の投稿です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました