副業Webライティング、1か月続けてみたら色んな発見があった

スポンサーリンク
Webライター
スポンサーリンク
こさじ
こさじ

こんにちは、こさじです

今回は、副業でWebライティングを1か月続けた感想や体験をご紹介していきます

私は2019年8月15日からWebライティングのお仕事を始めており、約1か月が経ちました。初めて案件を受注した時とは違う視点からWebライティングの体験談をご紹介していきます。

 

これから、Webライティングを検討されている方はぜひご覧ください!

スポンサーリンク

文字単価0.1円の案件多すぎ…。

Webライティングのお仕事を経験された方だとお分かりだと思いますが、Webライティングには「文字単価」というものがあります。「文字単価=1文字何円」です。

私は、Webライティングのお仕事をクラウドワークスから探して応募しています。暇さえあればクラウドワークスにて様々な案件を見ていますが、文字単価0.1円の案件が多すぎると感じました。

そういった案件ほど「ライティング初心者歓迎!」と謳っており、応募者も多いのも事実です…。

ちなみに、0.1円って相当安いですよ。2000文字書いてもたったの200円、30分で2000文字書き上げたとしても時給400円…。

こさじ
こさじ

学生アルバイトのほうが稼げますね…

実績作りのためにはいいかもしれませんが、せっかく時間を作りライティングの作業をするわけです。同じ時間をかけるなら、少しでも多く報酬をもらえる方が嬉しいですよね。

ちなみに、私の初めてのお仕事の文字単価は0.6円でした。

こさじ
こさじ

ありがたいことに、今は文字単価1円以上のお仕事をいただけるようになりました。

これからWebライティングを検討されている方は、文字単価には気を付けて案件を探しましょう!

 

クラウドソーシングの手数料が意外と高い…。

引用元:CrowdWorks

こちらはクラウドワークスのシステム料金表で、つまり「手数料がどのくらいかかるか」というのを表にしたものです。

例えば、5000円の案件を受注した場合、1000円が手数料として引かれます。自分の手元に来る報酬は4000円ということになります。

 

…結構高いです。

 

しかし、この手数料の中には、
  • きちんと受注者に報酬が支払われる(仮払い制度)体制が整っていること
  • 発注者とトラブルになった時に、サポートをしてくれる制度があること
が含まれており、ライティング初心者でも安心して仕事ができる環境が用意されています。

 

…とはいえ、手数料はもう少し安くしてほしいです(小声)

案件に応募する前に「発注者の評価」を確認するべき!(失敗談を紹介)

案件に応募する前には、必ず発注者の評価を確認した方がいいです。

私の失敗談をご紹介します。

クラウドワークスではスカウト機能というものがあり、自分から案件に応募しなくても発注者側から受注者にスカウトできる機能があります。私は、クラウドワークスに登録したての時に、このスカウトを受け、案件を受注しました。しかし、仕事を進めていく上で分からないことがあったため、発注者にメッセージを送ったのですが、1週間経っても発注者から返事は来ませんでした。その発注者のページを確認すると、評価がとても悪かったのです。私と同じように、「発注者からメッセージが返って来ない」というコメントもありました。

この経験から、案件を受ける前や応募する前には、発注者の評価を必ず確認するようになりました。

こさじ
こさじ

皆さんも気を付けてくださいね

想像よりもWebライティングで稼げた

Webライティングの仕事を行った結果私が感じたことは、「想像よりも稼げた」ということです。

もともと、私が副業でライティングを行おうとしたのは下の2つの理由からです。

  • 即金性があること
  • ライティングスキルの向上を目指したかった

即金性があることは分かって案件をこなしていましたが、私の想像以上でした。

 

結果としては、このようになりました。文字数は記事によっても違うため、あくまでも目安だと思ってください。
  • 8月:約6000円(4記事)
  • 9月:約30000円(13記事)
こさじ
こさじ

発注者の要望に応えれるよう、これからもがんばります!

まとめ、今後もブログと並行してWebライティングを行っていきます

今回はWebライティングを1か月続けた結果分かったことや体験したことをご紹介しました。
 
  • 文字単価0.1円の案件は応募しない方がいい
  • クラウドワークスの手数料が高い…
  • 案件を受注する前には「発注者の評価」を確認するべき!
  • 案件は楽ではないが、Webライティングは意外と稼げる

これからも、ブログと並行してWebライティングの仕事も行っていきます。

本記事が、Webライティングを始めようか検討されている方のお役に立てれば幸いです。

 

こさじ
こさじ

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました